2005年7月
第12号
発行所:虚s二越総合保険事務所
発行人:石井広美

目次


6月17日(金)
 
 仕事で北九州は門司まで行ってきました。門司の中でも旧門司と呼ばれるところです。丁度関門海峡、布刈公園のあたりになります。関門海峡を挟み北は山口県、南は福岡県になりますが、各国のタンカーや漁船、運搬船がひっきりなしに行き来
しています。ここ関門海峡は小次郎・武蔵の対決の場「巌流島」や義経ひきいる源氏と宗盛ひきいる平氏の最終決戦「壇ノ浦」など歴史的に数々のドラマが繰り広げられた場所でもあります。旧門司郵便局の隣に甲宗八幡宮がありました。ここは源平の合戦のあと、宗盛の墓を義経がこの地に作ったとされています。
 
 戦前・戦中・戦後と鉄工や造船の盛んだったこの地は少し静かな町へと変わっていました。町を走ると昔の繁栄ぶりがあちこちに見かけられますが、数々の歴史の舞台となったこの地を私たちは心にとめておくべきだと感じました。
 
 ここ博多の町と、流れる時間の早さの違いを感じる場所でした。普段何気なく1日を過ごしていますが、ゆっくりとじっくりと歩んでいけば又別の何かが見えてきそうでした。
 余談ですが、有名な「放浪記」の作者林 芙美子もここ門司の生まれだそうです。
目次に戻る

6月23日は沖縄戦線の終わった日です。夏が近づくといつも考えさせられる「戦争と平和」、私たちは平和の中にどっぷりと漬かっているせいか普段の何気ない幸せを無視してしまいます。生きること・死とはなどあまり考えない、父親や母親と話ができることを幸せだとは思わないでいます。
 戦時中は「神風」呼ばれる方たちがいました。まさに片道切符を持って戦地に赴く彼らは出陣の際数々の手紙をしたためました。その中に感動する手紙があったのでご紹介します。
23歳 神風特攻隊 冨田 修 さんの遺書
 父さん・母さん、我、一生ここに定まる。父さんへ言う事なし。母さんご安心下さい。決して僕は卑劣な死に方をいたしません。お母さんの子供ですもの。それだけで僕は幸福なのです。日本万歳、万歳 かう叫びつつ死んでいった幾多の先輩たちのことを考えます。お母さん、お母さん かう叫びたい気持ちで一杯です。何かいってください。一言で十分です。如何に冷静になって考えても何時も何時も浮かんでくるのはご両親様の顔です。父ちゃん・母ちゃん!僕は何度も叫びます。「お母さん決して泣かないで下さい」修が日本飛行軍人であったことに大きな誇りを持ってください。勇ましい爆音を立てて先輩が飛んで行きました。 ではまた。

 普段の何気ない幸せをもっと考えてみようと思いました。このような若人が何人も飛び立って行った歴史を悲しい過去を決して繰り返してはならないことも感じました。
目次に戻る

7/15(金) 上弦の月
7/21(木) 満月
7/28(木) 下弦の月
8/5(金) 新月
兵庫県警交通部の元巡査部長・黒木月光氏が月齢と交通事故の発生件数を調査したとテレビ放映されたことがあり、死亡事故に関しては、新月、満月の時期に集中しているという・・・。私の長年の代理店経験でも、明らかに自動車事故は新月、満月の日に多いのです。バイオリズムのなせるわざ???いつにも増して安全運転を。
目次に戻る

■贈与と税金

(リ)著しく低い価額(2)の1

著しく低い価額については税法のどこにも書かれていないのでその財産の時価などを参考に、社会通念に従って判定する必要があるので自分が譲り受けた財産が著しく低い価額かどうかについては税務署や専門家に相談しておく方が良いでしょう。「時価の二分一」以下、つまり時価の半額以下という考え方は多分所得税法の中の次のような規定から来ているものと思われますが、これはあくまでも所得税法の規定であって相続税(贈与税を含む)法の中の規定ではないのです。今、その所得税法の中の規定を見てみましょう。少し長いのですが、大事な事項なので全文を掲げてみましょう。
(贈与等の場合の譲渡所得の特例)
第59条
次に掲げる事由により居住者の有する山林(事業所得の基因となるものを除く)又は譲渡所得の基因となる資産の移転があった場合には、その者の山林所得の金額、譲渡所得の金額又は雑所得の金額の計算については、その事由が生じた時に、その時における価額に相当する金額により、これらの資産の譲渡があったものとみなす。
1.贈与(法人に対するものに限る。)又は相続(限定承認に係るものに限る。)若しくは遺贈(法人に対するもの及び個人に対する包括遺贈のうち限定承認に係るものに限る。)
2.著しく低い価額の対価として政令で定める額による譲渡(法人に対するものに限る。)
(以下省略)  
公認会計士 杉原 実
目次に戻る

今回は、頻発する事故について改めてご案内させていただきます。事故件数の中でもいつまでたってもなくならないのは、一旦停止をせずに交差点に進入して衝突する事故です。急ぐ理由もあるのかもしれませんが、とにかく一旦停止無視は非常に危険で、目を閉じて運転するぐらいに危険な行為だということをよく考えてください。しかも、交差点の事故では、衝突後に歩行者をはねてしまうなどの、重大事故につながる場合が多く、運転手、本人の命を落とすことにもなりかねません。標識は飾りではありません。なぜそこにあるのかをよく考えて運転しましょう。
小川明彦
目次に戻る

バットマン 映画
3シリーズ目 スーパーマン・スパイダーマンと数々のヒーロー映画の中では最も好きな映画。今回は生い立ちからの話になりますが憎しみを正義にかえて戦うヒーローに感動しました。
 
こころときめくマーケティング 著者:村田 昭治   価格: 2100円  出版:国元書房
著者は慶応大教授であり筆マメとしても知られる日本のマーケティング専攻の第一人者。副題に<夢・感動そして知恵に磨きを>とある。堅苦しいマーケティング論ではなく、人間の生き方への示唆に富み、しかも読みやすい一冊。

目次に戻る

日本で保険会社はどれくらいあると思われますか、また保険商品は何種類あると思われますか?私がこの世界に身をおく以前は保険という言葉そのものが好きではありませんでした。それは保険に対しての理解と認識が全くなかったからです。深く知るほど必要性を感じるようになりました。若いころ無理やり加入させられたという思いでしたが、何が起こってもおかしくないこの歳になり、安い保険料で勧めてくださった外務員の方に感謝しております。10年・20年時のたつのは早いものです。今、不二越のベテランスタッフに恵まれ、自分の仕事に誇りを持ち、多くの大好きなお客様とのつながりを大切に日々頑張っております。これからもどうぞよろしくお願いいたします。    
〜冨田 弘子〜
目次に戻る

損害保険・生命保険に関する、疑問・質問ございましたら、お気軽にご連絡ください!(スタッフ一同)
虚s二越総合保険事務所
〒811-2304
福岡県糟屋郡粕屋町大字仲原587-1-102
TEL 092−939−5788
FAX 092−939−5799
H/P http://fujikoshi-hoken.jp
E-mail info@fujikoshi-hoken.jp