2005年11月
第16号
発行所:虚s二越総合保険事務所
発行人:石井広美

目次


振り返り

今年も残すところあとわずかになりました。昨年の台風被害から3月の地震といろいろな出来事がありました。毎年の事ながらあっという間に通り過ぎるこの季節。
今年の一月から振り返ってみても私どもの事務所はたくさんの人と出会い、たくさんの感動を頂きました。
若い人たちからは新たなエネルギーを、先輩方からは新たな知恵を頂き今年も昨年よりは成長したなと思っております。
人は一段一段足元を踏みしめて坂道を登らないと、壊れそうな石垣やぬかるんだ道を見逃してしまい何時かつまずき転落するんだと聞いたことがあります。事務所も十年が経過し一歩ずつ一段ずつ踏みしめながら登ってきたと思いますが、いまだに、お客様から学ぶことは多く、いろいろなことを蓄積してもしたりない事に気づきます。
私達の仕事は人と人が常に係わり合って初めて仕事になるものですが、これからも一つ一つの出会いを、一つ一つの出来事を大切にし、この「ふじこし通信」を通じて皆様にご披露できるような取り組みを重ねて行こうと思います。
これから、あわただしい毎日が続きますが、どうぞお体に又災害や事故に十分気をつけられよいお年をお迎え下さい。
目次に戻る

昨年の今頃はお客様を訪ねた際、菊池渓谷に紅葉狩りに行ったことをご紹介いたしましたが、今年の紅葉は全国的に遅く、もしかしたら季節を飛び越してしまうのではないかといわれてます。
突然冬に行ってしまうのではなんとなく寂しい気分です。日本の美しさを感じながら時を過ごしたいですね。日本の春夏秋冬を感じたいですね。
目次に戻る

11/9(水) 上弦の月
11/16(水) 満月
11/24(木) 下弦の月
12/2(金) 新月
兵庫県警交通部の元巡査部長・黒木月光氏が月齢と交通事故の発生件数を調査したとテレビ放映されたことがあり、死亡事故に関しては、新月、満月の時期に集中しているという・・・。私の長年の代理店経験でも、明らかに自動車事故は新月、満月の日に多いのです。バイオリズムのなせるわざ???いつにも増して安全運転を。
目次に戻る

■ 贈与と税金

実務問答(1)

今までで基本となる贈与等について説明してきましたが、今回から数回にわけて「実務問答集」の中から参考になりそうな出問とその回答を引用して掲載してみましょう。引用した回答集など出典の名前などは最後にまとめて書くことにしましょう。

<問>外国に留学している者が贈与受けた場合。
「私は山林を処分して収入がありました。三男Cは現在イギリスに留学中ですが、その入金の中から1,000万円をCに贈与することにし、A銀行にあるC名義の口座に入金しました。受贈者が海外に留学中の場合でも贈与税は課税されますか。」

<答>Cさんは留学で一時的に日本を離れているものであり、住所は日本国内にあるものとして判定され、贈与税を納める義務があります。相続税法の基本通達は「学術、技芸の習得のため留学している者で日本国内にいる者の扶養家族となっている者、外国へ出張して仕事をしているがその出張期間が1年以内と短期間の者、コンサート等の興行のため一時的に外国に行っている者、のように一時的に日本を離れているにすぎない者は、その人の住所は日本国内にあることになるから日本での納税義務があることになる。」(要約) と書いてありますから、お父さんから仕送りを受けて留学しお父さんの扶養家族になっているCさんは贈与を受けた1,000万円について贈与税を支払わなければならないわけです。
公認会計士 杉原 実
目次に戻る

お互いが動いている車同士の接触事故では、過失の割合というものが発生します。これは、その事故に対して、お互いにどれぐらい責任を負うべきかという事ですが、最近過失を決める時に非常に珍しい項目が追加されました。それは、携帯電話です。事故のときに携帯電話を使用していたかどうかで責任の割合が変わってきます。以前は、そのような行為に対しての過失修正というものはありませんでした。しかし、ご存知のとおり自動車運転中の携帯電話の使用に対する罰則規定が出来てから、最近の事故過失割合を決めるのに非常に大切なポイントとなりました。特に、携帯電話を使用していた事故で多いのは、追突事故です。携帯電話の使用により、注意力が散漫になってしまう結果です。当たり前のことですが、携帯電話を使用するときには、車を停車して、落ち着いたところで使用するようお願いいたします。
小川 明彦
目次に戻る

やっぱり変だよ 日本の営業 著者:宋 文洲  価格:1575円  出版:日経BP社
著者は20歳を過ぎて来日した外国人で初めて東証に上場を果たした、ソフトブレーン椛n始者。今42歳。「営業とは何か」について、日本で感じたことを、率直に・論理的に・丁寧に表し、改善を提案しています。これまで常識と思ってきたことの中に実は非常識が多く含まれていたのかもしれません。変化の激しい時代、顧客第一が益々叫ばれる時代、だからこそストレートな著者の一見苦言(?)とさえ感じる提案を冷静に受け止め、改善の視点として取り入れてはいかがでしょうか。
 
100文字レシピ 著者:川津幸子 価格: 620円  出版:新潮文庫
文庫本なのに、綺麗なカラー写真付きの100文字で書かれたレシピが112も詰まってます。持ち歩ける料理本。和洋中にデザートも網羅。ラクにできて美味しいという本格料理。パラパラっとご参考にいかがでしょうか。

目次に戻る

2005念も11月まできました。暮れが近づくといよいよ忘年会のシーズンです。
皆さん、『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』を励行されていますか?
飲酒運転は絶対にしてはいけない不法行為です。もし、飲酒後に運転して事故でも起こしたら、全く関係の無い他人に迷惑をかけたり、免許取消し等厳しい処分も待っています。尊い命を奪うことだってあるかもしれません。当然、自動車保険でも車両保険等はお支払いすることはできません。
楽しい忘年会にするためにも『飲んだら乗るな、乗るなら飲むな』を徹底しましょう。
〜石内伸幸〜
目次に戻る

損害保険・生命保険に関する、疑問・質問ございましたら、お気軽にご連絡ください!(スタッフ一同)
虚s二越総合保険事務所
〒811-2304
福岡県糟屋郡粕屋町大字仲原587-1-102
TEL 092−939−5788
FAX 092−939−5799
H/P http://fujikoshi-hoken.jp
E-mail info@fujikoshi-hoken.jp